ちんかすのとり方とは

ぺニスにちんかすがついたままにしておくと、嫌なニオイの原因にもなるため早急になんとかしなくてはなりません。

ちんかすがあると見た目にも汚ならしいですし、とにかくニオイがキツいので、彼女とのセックスにも影響を与える可能性もあります。

やはり女性としては、クサイぺニスは嫌ですからね。

ちんかすやニオイがあると、「もしかして病気持ち?」と、あらぬ疑いをかけられてしまうこともあるかもしれません。

そんなことにならないよう、もしもちんかすがあったらすぐにとってキレイにしてしまいましょう。

とはいえ、ちんかすのついているところはデリケートなところでもあるので、むりやりとると皮膚がただれる原因になることも。

ちんかすは、どうやってとればいいのでしょうか。

ちんかすのとり方についてお話ししていきます。

ちんかすはシャワー中にとろう

ちんかすはぺニスにくっついているので、むりやりとるとぺニスに傷を作ってしまいます。

亀頭や亀頭の付け根あたりにべったりとついているので、濡らしながらとるのが一番。

トイレやマスターベーションのときにとろうとすると、つい力が入りすぎてしまう恐れがあるからです。

シャワー中ならお湯でふやけてちんかすも柔らかくなるので、比較的とりやすくなりますよ。

ただし、爪で引っ掻くようにとるのは絶対にNG。

何度も言いますがペニスはとてもデリケートなところなので、引っ掻くことで傷ができ、新たなトラブルを招く原因となる可能性があります。

強引にとるのではなく、やさしく丁寧にを心がけたいところですね。

シャワーで濡らしながら、ちんかすのついているところを重点的に洗います。

このときスポンジなどは使わず、指の腹を使いましょう。

指の腹で円を描くようにすると、力が入りすぎないのでおすすめです。

ちんかすをとるのに石鹸は必要?

ちんかすはニオイもあるので、お湯だけで洗うのは物足りない…と感じる人もいるでしょう。

確かにお湯だけだと、なんとなく「洗った!」という感じがしないのも分かります。

やはり石鹸を使いたくなりますよね。

ちんかすをとるときの石鹸としておすすめなのは、ドクターズチョイスのファンガソープEX。

ファンガソープEXは、ティーツリーオイルの力によって細菌や真菌を洗い流すことのできるソープで、全身に使うことができます。

カンジダや水虫、脂漏性皮膚炎など、幅広い皮膚疾患の対策におすすめとして、大人気なんですよ。

細菌や真菌を洗い流せるので、これらによる不快症状やニオイ対策にも!

ぺニスを含むデリケートゾーンにも使えますので、ちんかすをとるときに石鹸を使いたい!という人は、ぜひファンガソープEXを使ってみてください。

ファンガソープEXは液体のソープですが、泡立ちがいいので使いやすいです。

泡でちんかすのあるところを撫でるように洗うと、ちんかすもすぐにとることができるでしょう。

石鹸の泡があると摩擦を防ぐ効果も期待できるので、ちんかすをとるときにはファンガソープEXを使うのがおすすめです。

ファンガソープEXなら、もしもちんかすの原因が亀頭包皮炎の症状だった場合にも、高い効果を発揮してくれることでしょう。

まとめ

ちんかすのとり方について、お話ししました。

ちんかすは不潔にしているとついてしまうので、日頃から清潔を心がけるようにしましょう。

もしもちんかすを見つけたときには、放っておかずその日のうちにとることが大切です。

いろいろな原因の可能性を考え、あらゆる原因に対応できるファンガソープEXを使うことが、今のところちんかすをとるためのアイテムとしては一番おすすめだと言えそうです。

ファンガソープEXは通販で買うことができますから、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

安心の天然成分

正規品ファンガクリーム(真菌・細菌を強力殺菌)

ファンガクリームは、「真菌・細菌を強力殺菌(99.9%殺菌)」してくれる天然成分のクリームです。

以下で悩んでいる人におすすめのクリームです。

カンジダ、男性カンジダ性亀頭包皮炎性、細菌性亀頭包皮炎、水虫、いんきんたむし、白癬菌が原因の症状がある人、アトピー、金属アレルギー、発疹や湿疹、皮膚炎、おむつかぶれしている赤ちゃん、日焼けを含む火傷、虫刺され、切り傷、擦り傷、乾燥肌、ニキビ肌

 

90日間全額返金保証


ドクターズチョイス 真菌・細菌用 最強セット
「ファンガクリーム(クリーム)」と「ファンガソープEX(薬用石鹸)」のセットです。
「ファンガソープEX(薬用石鹸)」はシャンプーとしても使えますので全身の殺菌が出来ます。

→ 詳細はこちらをクリック


【正規品】【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(商品一覧)
カンジダ対策に役立つ商品一覧です。

→ 詳細はこちらをクリック