男のカンジダ治療にラミシールは効果あり?

男性がカンジダになることは少なく、女性と比べると圧倒的に少ないと言われています。そのため、カンジダの症状が出ると驚いたり、焦ったりしてしまうかもしれませんね。カンジダの症状は主にぺニスやその周辺に出るので、余計に焦ってしまうのでしょう。

かゆみや白いカスが出ると、「もしかして不潔にしていたかな?」と勘違いし、石鹸などでゴシゴシと洗ってしまう人もいます。しかし、カンジダに「ゴシゴシ洗い」は逆効果。余計に症状がひどくなり、最終的に薬などに頼る、というパターンが大半なのではないかと思います。

さて、そんな男性カンジダの薬として、ラミシールを使うという口コミを見つけました。ラミシールとはどんな薬で、カンジダに効果があるのでしょうか?

ラミシールは水虫用の薬

ラミシールは抗真菌成分を含む薬で、薬局やドラッグストアにはクリームタイプ(軟膏)が売られています。ドラッグストアで買えるなら手軽でいい!と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。ラミシールは、カンジダ用の薬ではありません。水虫用の薬です。水虫用なので、基本的には足に使うことを考えて作られており、デリケートゾーンに使うことは想定されていません。

とはいえ、ネットでは「カンジタ性亀頭包皮炎にラミシール塗ったら治った」という口コミがあるのも事実。それはなぜなのでしょうか。実は、カンジタ性亀頭包皮炎の原因になっているカンジタ菌と、水虫の原因である白癬菌は、同じ真菌の仲間。両方ともカビの仲間で、同じ真菌です。ラミシールは抗真菌成分なので、同じ真菌であるカンジタ菌の殺菌もできたのではないか、と考えられます。

しかし、何度も言いますがラミシールはカンジダ用ではなく水虫用の薬です。ラミシールでカンジダが改善したという人もいるようですが、絶対に真似はしないでください。ラミシールをデリケートゾーンに使うのは自己責任ですが、何かあってからでは取り返しがつきません。ぺニスが赤く腫れ上がったり炎症を起こしたりすれば、余計に治療に時間がかかってしまいます。カンジダにラミシールを使うのはやめましょう。

ラミシールより絶対安全!なファンガクリーム

カンジダになってしまったら、おすすめなのはファンガクリームを使うこと。カンジタ菌も細菌も、ティーツリーオイルのパワーでしっかりと殺菌してくれます。ファンガクリームはオールナチュラル成分で作られていますから、デリケートゾーンに使うのも安心ですね。薬ではないので、副作用が出る心配もありません。

ファンガクリームはドラッグストアでは買うことができませんので、ドクターズチョイスの正規販売店であるビューティアンドヘルスリサーチのサイト(記事下から購入可能)から購入しましょう。

カンジダになりやすい人や、徹底的にカンジダを何とかしたいという男性は、ファンガソープEXとファンガクリームを併用することがおすすめ。どちらもティーツリーオイルが配合されているので、カンジタ菌をとことん殺菌してくれるでしょう。カンジダにラミシールを使おうかと考えているのなら、きちんとデリケートゾーンにも使えることを謳っているファンガクリームを使ってみてくださいね。ファンガクリームはニキビやアトピーの改善にも使えるので、持っていても恥ずかしくないところもポイントです。

まとめ

男のカンジダにラミシールは効果があるのか?について紹介しました。口コミではラミシールでカンジダが治ったという人もいるようですが、ラミシールは水虫用の薬でカンジダ用ではないので、おすすめはできません。カンジダなら、やはりカンジタ菌に特化した「ファンガクリーム」を使うことをおすすめします。余計なトラブルのリスクを増やさないためにも、正しい使い方をしていきましょう。

 

安心の天然成分

正規品ファンガクリーム(真菌・細菌を強力殺菌)

ファンガクリームは、「真菌・細菌を強力殺菌(99.9%殺菌)」してくれる天然成分のクリームです。

以下で悩んでいる人におすすめのクリームです。

カンジダ、男性カンジダ性亀頭包皮炎性、細菌性亀頭包皮炎、水虫、いんきんたむし、白癬菌が原因の症状がある人、アトピー、金属アレルギー、発疹や湿疹、皮膚炎、おむつかぶれしている赤ちゃん、日焼けを含む火傷、虫刺され、切り傷、擦り傷、乾燥肌、ニキビ肌

 

90日間全額返金保証


ドクターズチョイス 真菌・細菌用 最強セット
「ファンガクリーム(クリーム)」と「ファンガソープEX(薬用石鹸)」のセットです。
「ファンガソープEX(薬用石鹸)」はシャンプーとしても使えますので全身の殺菌が出来ます。

→ 詳細はこちらをクリック


【正規品】【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(商品一覧)
カンジダ対策に役立つ商品一覧です。

→ 詳細はこちらをクリック