細菌性亀頭包皮炎の治し方

細菌性亀頭包皮炎になってしまったら、どのようにして治せばいいのでしょうか。

ぺニスの異変は放っておくのは危険なので、きちんと治さなくてはなりません。

男性にとって身近な病気の1つである細菌性亀頭包皮炎の治し方について、お話ししていきます。

細菌性亀頭包皮炎の治し方1、清潔を心がける

細菌性亀頭包皮炎は、亀頭や包皮に細菌が繁殖し、炎症をもたらす病気です。

ぺニスにバイ菌がついていたり、不衛生な環境にしておくとなりやすいもの。

そのため、清潔を心がけることで細菌性亀頭包皮炎も治ることがあります。

ちょっと風邪を引いたかな?と思ったとき、しっかり食べてよく眠ると治ることがあるでしょう?

これは、自分自身の免疫が風邪の原因菌をやっつけてくれたからです。

このように、細菌性亀頭包皮炎も軽いものなら清潔を心がけることで治ることもあるんですよ。

ただし、石鹸でごしごしとぺニスを洗うのは逆効果。

余計にぺニスが傷ついたり、常在菌まで洗い流してしまいます。

ぺニスを洗うときは、ドクターズチョイスのファンガソープEXなど、細菌や真菌を洗い流すことのできるものを使うのがおすすめ。

ファンガソープEXはオールナチュラルのソープなので、デリケートゾーンにも安心して使うことができますよ。

ごしごしとこするのではなく、優しく撫でるようにするだけでも十分効果があります。

細菌性亀頭包皮炎の治し方2、抗生物質を使う

細菌性亀頭包皮炎の原因は細菌なので、細菌をやっつけるための抗生物質を使います。

抗生物質は飲み薬や塗り薬として処方されることが多いですね。

抗生物質は細菌には効果覿面ですから、すぐに症状は落ち着いてくるでしょう。

ただし、抗生物質を常用することはおすすめできません。

なぜなら、抗生物質の攻撃対象は悪さをしている菌だけでなく、体にとって良い働きをしている菌も含まれているため。

抗生物質には菌の良し悪しを見分ける力はなく、菌はすべて退治してしまいます。

そのため頻繁に使っていると、免疫が低下するなどの副作用が出やすくなってしまうのです。

細菌性亀頭包皮炎の治し方3、ファンガクリームを使う

細菌性亀頭包皮炎を治すためには抗生物質を使えば簡単ですが、副作用などの点から「できれば薬は使いたくない」という人もいると思います。

薬を使わずに細菌性亀頭包皮炎を治す方法としておすすめなのが、ドクターズチョイスのファンガクリーム。

ファンガクリームはすべて天然成分でできているにも関わらず、99.9%という高い殺菌力を誇るクリームです。

高い殺菌力のあるティーツリーオイルを始め、様々なナチュラルオイルが細菌性亀頭包皮炎の症状を鎮めてくれることでしょう。

ファンガクリームは細菌性亀頭包皮炎の原因菌にアプローチをかけて症状を鎮めていくので、市販のかゆみ止めとは一味違います!

原因から退治してくれるのは、とてもありがたいですよね。

先ほど紹介したファンガソープEXと一緒に使うと、より早く細菌性亀頭包皮炎を治すことができるでしょう。

この2つの組み合わせは、細菌性亀頭包皮炎の予防や対策にもおすすめです。

まとめ

細菌性亀頭包皮炎の治し方についてお話ししました。

細菌性亀頭包皮炎の治し方にはいくつかの方法がありますが、一番安全性が高くておすすめなのは、ファンガクリームを使うことです。

ファンガクリームの殺菌力は臨床実験でも証明されているので信頼できますし、何より薬ではないので気兼ねなく使うことができますよね。

ファンガクリームは細菌性亀頭包皮炎以外にも、カンジダや水虫、ニキビなど幅広い皮膚疾患に効果を発揮しますので、ぜひチェックしてみてほしいと思います。

 

安心の天然成分

正規品ファンガクリーム(真菌・細菌を強力殺菌)

ファンガクリームは、「真菌・細菌を強力殺菌(99.9%殺菌)」してくれる天然成分のクリームです。

以下で悩んでいる人におすすめのクリームです。

カンジダ、男性カンジダ性亀頭包皮炎性、細菌性亀頭包皮炎、水虫、いんきんたむし、白癬菌が原因の症状がある人、アトピー、金属アレルギー、発疹や湿疹、皮膚炎、おむつかぶれしている赤ちゃん、日焼けを含む火傷、虫刺され、切り傷、擦り傷、乾燥肌、ニキビ肌

 

90日間全額返金保証


ドクターズチョイス 真菌・細菌用 最強セット
「ファンガクリーム(クリーム)」と「ファンガソープEX(薬用石鹸)」のセットです。
「ファンガソープEX(薬用石鹸)」はシャンプーとしても使えますので全身の殺菌が出来ます。

→ 詳細はこちらをクリック


【正規品】【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(商品一覧)
カンジダ対策に役立つ商品一覧です。

→ 詳細はこちらをクリック