ぺニスの皮の痛みの原因について

ぺニスの皮の部分がなんとなく痛い、うまく表現できないけれど、違和感がある…なんて経験はありませんか?

ぺニスは男性の身体の中でも非常にデリケートなところなので、些細なことでも痛みなどの症状が出やすいです。

特に性行為のあとやマスターベーションのあとなど、ぺニスをこすったあとには痛みも出やすいと言えるでしょう。

デリケートなところだからこそ、扱いには細心の注意を払わなければなりません。

さて、そんなデリケートなぺニスの皮(包皮)に痛みがあるのは、何が原因なのでしょうか。

考えられる原因としてもっとも多いのは、亀頭包皮炎と呼ばれるもの。

ここでは、亀頭包皮炎の症状や対策について紹介したいと思います。

ぺニスの皮の痛みは亀頭包皮炎

ぺニスの皮の部分が痛む、なんとなく違和感があるというとき、考えられる異変としてもっとも多いのは亀頭包皮炎といわれる病気です。

亀頭包皮炎は亀頭や包皮に細菌や真菌などが繁殖し、痛みやかゆみといった不快症状をもたらすもの。

なんらかの理由で常在菌のバランスが崩れ、悪さをする菌が増えすぎてしまったことが原因です。

亀頭包皮炎は誰でもなる可能性があるものなので、そこまで深刻になる必要はありません。

後ほどお話ししますが、亀頭包皮炎は薬を使わなくても自宅で簡単に対策をすることもできるので、その点は安心してください。

不治の病や手術が必要なものではありません。

亀頭包皮炎を発症するきっかけは人それぞれなのですが、「ぺニスに傷がつく」「免疫が低下している」という2つの条件を満たしたときに発症しやすくなります。

性行為やマスターベーションなど、ぺニスは多くの摩擦による刺激を受けています。

このとき、目には見えないほどの細かな傷がぺニスについていて、そこから雑菌が繁殖してしまう、というわけ。

もちろんきっかけはこれだけではありませんが、大抵の場合は性行為やマスターベーションがきっかけとなっているようです。

ただし、傷がついて雑菌が侵入したとしても、亀頭包皮炎になる人ばかりではありません。

私たちの身体に元々備わった免疫機能が正常に働けば、雑菌をやっつけることができますよね。

それができずに亀頭包皮炎になってしまうわけですから、亀頭包皮炎になったときは免疫が低下しているときでもあるのです。

免疫を低下させないためにできること

亀頭包皮炎を発症しないためには、免疫を低下させないことが大切です。

免疫を低下させないためには、何ができるのでしょうか。

今すぐにでも実践可能なことは、生活習慣を見直すこと。

特に夜更かしは免疫を低下させる最大の要因でもあるので、ゲームやスマホなどで無意味に夜更かしをしている人は今すぐやめましょう。

また、ぺニスの洗い方を見直すことも大切。

普通の石鹸で洗うとぺニスの常在菌のバランスを崩してしまうので、ファンガソープEXのような細菌も真菌も洗い流せるソープを使うようにしましょう。

ぺニスの皮が痛むとき、気にして念入りに洗ってしまうことがありますが、ゴシゴシ洗いは絶対にNG。

優しく丁寧に洗い、流したあとはしっかりと乾かすようにしてくださいね。

まとめ

ぺニスの皮の痛みの原因と、その対策についてお話ししました。

ぺニスの皮に痛みやかゆみ、痛痒いなどの症状が現れたときには、亀頭包皮炎である可能性が高いです。

亀頭包皮炎は正しい対策をすれば病院へ行かなくても治すことができますので、しっかりと対策をしていきましょう。

亀頭包皮炎を早く治すためのポイントは、「少しの異変も見逃さない」こと。

ぺニスの皮の痛みも、立派な症状の1つです。

「たかがこれくらい」と思わず、しっかりと対策をしていくようにしてくださいね。

 

安心の天然成分

正規品ファンガクリーム(真菌・細菌を強力殺菌)

ファンガクリームは、「真菌・細菌を強力殺菌(99.9%殺菌)」してくれる天然成分のクリームです。

以下で悩んでいる人におすすめのクリームです。

カンジダ、男性カンジダ性亀頭包皮炎性、細菌性亀頭包皮炎、水虫、いんきんたむし、白癬菌が原因の症状がある人、アトピー、金属アレルギー、発疹や湿疹、皮膚炎、おむつかぶれしている赤ちゃん、日焼けを含む火傷、虫刺され、切り傷、擦り傷、乾燥肌、ニキビ肌

 

90日間全額返金保証


ドクターズチョイス 真菌・細菌用 最強セット
「ファンガクリーム(クリーム)」と「ファンガソープEX(薬用石鹸)」のセットです。
「ファンガソープEX(薬用石鹸)」はシャンプーとしても使えますので全身の殺菌が出来ます。

→ 詳細はこちらをクリック


【正規品】【安心の天然成分】自宅でカンジダ対策(商品一覧)
カンジダ対策に役立つ商品一覧です。

→ 詳細はこちらをクリック